うのんのブログ

奈良西の京薬師寺近くの小さな本のある喫茶店

薬師寺近くから 春日大社

春日大社の参道はJR奈良から東に向かって延びています。三条通り と呼び古い地図にも示されています。 道の両脇にはお店が並び昔から賑やかな繁華街を思わせます。その一つが 古梅園 墨のお店です。その佇まいは歴史を感じるものがあります。
さらに上がって商店街が終わると 南側に猿沢池があり北側に興福寺 真正面に 一の鳥居です。 ここから参道の趣きが本格的に感じられる所です。この参道は奈良公園と一体化しています。 道幅が非常に広く車なら二車線以上の感じです 馬が走る為です。sぽして幅の広い短い「馬出橋」があります。 祭の日の競べ馬の出発点です。本殿の社が近づくと「馬止橋」があります。また参道の途中に 北側には「萬葉植物園」 南側には鹿の角切を行なう所があります。


薬師寺近くから 春日大社

春日の神様は鹿島からこられました。
この神様は奈良に来られる途中 一時滞在されたところが大柳生にあります。そこは元春日と言って余り大きくない こんもりとした良い森があったので 休まれたと言われています。ここで休まれた時に「ああ しんど」と言われたそうです。その場所を「神道」といいます。今は「新道」と書きます そしてその名前の家があります。その横には 鹿と馬の足跡のある石があったそうです。
この縁で大柳生から毎年春日大社にお餅をお供えに持って来られる習慣があります。しかしかし 大柳生から持ってくることは 大変なので こちらでお餅を搗ことうと 餅米を蒸しましたが 2日たっても蒸し上がらないので 大柳生の人に助けを求めると その人が来たとたん蒸し上がったと言われています。

薬師寺近くから 西ノ京 大池(勝間田池)を愛する男達

奈良薬師寺は由緒あるにも関わらず廃寺状態 そこからお寺に対する重いで復活して 立派なお寺に信念がそうさせたのでしょう
そして ここに 西ノ京を愛し この雄大な風景を愛し 歴史ある風景を守りたい為に 人々が立ち入れなくなった場所 そこで立ち上がった男性5人です

だんだん 花を植えられ 美しくなっています。
元はこんな感じ 

本当に素晴らしい人達です 奈良にお越しの折にはここから天平文化との雄大な風景を楽しんでください