うのんのブログ

奈良西の京薬師寺近くの小さな本のある喫茶店

薬師寺近くから 山辺の道

大神神社
日本最古の神社です
大きな鳥居が迎えてくれます。境内には活日(いくひ)神社 盤座神社 狭井巫大神荒魂神社  久延彦神社 大直禰子神社 と本殿があります。
日本で最も古い神社と言われているのは 「古事記」と「日本書紀」に「自分を倭の青垣、東の山上に齋きまつれ」と大国主大神が唱えています
大神神社は山をご神体としているので 本殿はなく拝殿は徳川四代将軍家綱の造営寄進にかかり 高取藩主植村家吉が奉行として再建されたものです。

薬師寺近くから 山辺の道

青垣めぐる大和の国 このフレーズはよく目 耳にします。 山に囲まれた奈良盆地を表現されています。その東の山のすそを三輪から奈良まで約25㎞が 山辺の道 日本最古の道です。シルクロードの一部ともいわれ 古代文化の伝播に大きな役割を果たしました。その起点は日本最古の神社 大和一宮 大神神社です。
山をご神体とした神社です これはそのご神体への入口です 袈裟を頂き誰でも登ることができます

薬師寺近くから あすかの石造物

本の紹介です
「あすか 石造物」 奈良国立文化財研究所 飛鳥資料館
飛鳥は奈良市からは南 平城京遷都の前の時代に都が存在していた所 日本が国家として成り立っていこうとした時代と考えています。
かつての飛鳥が日本の都であった時代に作られた石造物は、繁栄をきわめた都が去った後も、往時をしのぶ歴史の証人として、村の彼方こちらに姿を留め人々の関心を集めています。それぞれ滑稽であったり 偉大であったり意味のある石造物 その謎が解き明かされています。

益田の岩船


吉備媛王墓猿石