うのんのブログ

奈良西の京薬師寺近くの小さな本のある喫茶店

正月の神迎え 砂撒き

この季節に 正月?で申し訳ございません


新しい年を翌日に控え男性は神祀りに、女性は正月料理の煮炊きに一日中忙しいこの日
カド(庭先)や村内の道や氏神様の参道などに砂を撒いたり、砂道を造ることが、奈良市の平坦部を中心に東山中にまで及んでいます。これを「砂撒き」などと呼びます。
平城地区の押熊では、浄土宗の家では赤砂を、真宗の家では川から白砂を持ってきて、村の本通りから各家の門口まで鯉織の鱗のような文様に道いっぱいに撒きます。この他 各家の門屋と本屋 納屋 蔵 風呂 便所 など付属の建物との間も人が歩く幅だけ砂を盛る所も少なくありません。
 氏神様から真新しい赤砂を本道へ、本道から各家の門先まで 各家々ではそれぞれ砂道が延びています。昭和30年代前半までは野々宮神社から各氏子の家まで砂道が続いていました。正月さんがお通りになれると信仰されていました。


×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。