うのんのブログ

奈良西の京薬師寺近くの小さな本のある喫茶店

薬師寺から唐招提寺

唐招提寺は鑑真和上により建立された古都唐から数度の渡航により日本に来られました。
その渡航は航海事情は非常に悪く 高波 嵐や 東シナ海を海賊が横行する中での来日は命がけでした。
和上の日本へ行くことを阻止しようとする人達により 政府に密告され 船は没取 捕らわれたりしました。
鑑真和上の渡航は5回企てられましたが 漂流などで成功しませんでした。この間に 聖武天皇から 唐の高僧を招くことの勅使を受けた 大安寺の栄叡と和上の身の回りを直接世話をする弟子の祥彦は病死 鑑真和上は視力を失いました。

それでも 和上の日本に行くこと 仏の教えを説くことへの意志は強く 遣唐使と共に三隻の船に分かれ日本に向かいました そして今の鹿児島県秋月に着きました それは日本をたって20年の歳月が掛かりました。



×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。