うのんのブログ

奈良西の京薬師寺近くの小さな本のある喫茶店

薬師寺から唐招提寺

鑑真和上は数度の渡航の困難を経て日本今の鹿児島県秋月に着きました。そしてまず東大寺 大仏殿西側に 戒壇院が建てられました。鑑真和上は戒壇院に付属した唐禅院に住まれました。そから戒律思想を全国に広めるのに尽くされました。
和上は私寺を建てることを望まれ 唐招提寺を建てられました。
この「唐招提寺」の名前は最初「唐律招提」僧侶が戒律を学ぶ私立の学問所として創立されました。後に孝謙天皇が官寺と認め 「唐招提寺」となりました。
鑑真和上は日本で10年のうち 5年を東大寺で後の5年を唐招提寺で過ごされました。


興福寺です



×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。