うのんのブログ

奈良西の京薬師寺近くの小さな本のある喫茶店

薬師寺近くから 大和の気象歳事記No.315 霜月

外部資料

天気痛
 以前ある製薬会社の新聞広告に「お天気・・・?」とあって、高気圧の中心は三陸沖に去り低気圧は九州南部に描かれた天気図が野っていて我が社の薬を飲めば神経痛 腰痛 の緩和に効果があるとのことである。 神経痛・腰痛は病気でなく症状だそうで、私のも経験があり訳の分からない鈍痛に悩まされ医者に相談すると「それは神経痛だ」と云われた。
仕方なく足をさすったりするが 天気はゆっくり確実に下り坂に向っている。「天気痛」は当人にとって確率の髙い天気予報へよ結びついている。


×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。