うのんのブログ

奈良西の京薬師寺近くの小さな本のある喫茶店

薬師寺近くから 室生寺№2

室生寺は室生火山群の流紋岩柱状節理(りゅもんがんちゅうせつり)の絶壁となってます
境内にもそれを見ることができます。
室生川に臨む標高400㍍の山腹には木々に覆われて伽藍が配置されています。仁王門からその横に幅の広い石段 金堂 弥勒堂さらに 五重塔があります。
この塔は室生で最も古い建物で 高さ16㍍ 普通の塔の三分の一の高さです 屋外の塔としては日本で最も小さいモノです。「弘法一夜造りの塔」ともよばれています。女人高野と呼ばれるのに ふさわしいものです。そこから520段の石段を登ると奥の院があります。


金堂内に安置されている釈迦如来立像の手はさすることでい身体の痛みが消えたといわれています。その手には 昔の人々がこの手に触れ痛みを和らげる為に祈ったことがうかがわれます。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。