うのんのブログ

奈良西の京薬師寺近くの小さな本のある喫茶店

薬師寺近くから 大和の気象歳時記№325 師走

天気俚諺
「月の日がさに日の雨がさ」日暈や月暈は雨の兆しという俚諺は各国共通である。調査回数は少ないので確かな事は申し兼ねますが 日暈で翌日雨が降ったのは90% 月暈では30%と月暈の方は部が悪い
 「やぶれがさ」月暈の中に星が見えると やぶれ傘といって雨が降らないという。これはそのときの巻層雲がうすいことを物語っている。
 「土用のそらのぼり」上北山の民謡に「今日は朝からコチの雲がのぼる。どうやら降りそなられそな」と歌われている。コチ(東)の雲がのぼると天気は悪くなる。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。