うのんのブログ

奈良西の京薬師寺近くの小さな本のある喫茶店

薬師寺近くから 大和の気象歳時記

弥生三月
 重く冷たい北風から抜け出して希望が一杯溢れているかの様なのが弥生三月ではないでしょうか 東大寺二月堂では修二会本行入となって紙衣の練業衆が国家安泰と人々の豊楽を祈る法要が始まる。御雛まつりの3日には気象台からお決まりのソメイヨシノ桜の開花予想が発表されて春本番間近の宣告となる。

奈良の桜の開花予想が決まっても 県内には桜の名所が沢山あって各地域でそれぞれ開花日に遅速があり奈良をベースに地点別に開花を調査したことがありその結果を示した。奈良の開花日を0とし 数字の上の▲印は奈良よりも早く その他の数字はその分だけ遅く咲く地域 高さによる遅れは100㍍を上がるごとに2日ほど遅れて咲くことが報告されている。



×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。