うのんのブログ

奈良西の京薬師寺近くの小さな本のある喫茶店

薬師寺近くから 山辺の道

箸墓 大神神社から北西にあります。


箸墓の伝節の紹介です
この墓には孝元天皇の皇女 倭トト日も百襲姫の墓と言われています。
姫命は巫女でた。 日本書紀 によると三輪山の祭神の大物主神の妻となりました。神は夜に姫命のところに来る 妻問婚をとっていました。ある夜姫命が 姿をみたい と願うと 神は明日の朝使う 櫛の箱の中に入っている ことを約束しました。そこで姫命が箱を開けるとそこには 蛇が一匹入っていました。姫命は神に恥をかかせたと悔い自ら女性の部分を箸で突き亡くなりました。


また邪馬台国が大和にあり女王卑弥呼の墓ともいわれています。


静かな風景を伝節を思い出して歴史に語りかけて見てください

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。