うのんのブログ

奈良西の京薬師寺近くの小さな本のある喫茶店

薬師寺近くから 大和の気象歳時記№160 風鎮祭

龍田大社風鎮祭

外部資料
大社鎮座の起源について
一方時代はやや下がって 日本書紀には天武四年前大忌神を広瀬の河曲に 時を同じうして龍田の立野に風の神を祀らしめたとある。水の恵みと 風の災わいからのがれる為であった。大和の国以外穏やかな「風」を祈念する風まつりは先に紹介」した。国のひろさから云えば左程広くない我が郷土大和の国は 青垣山に囲まれ沢山の風神に守られ風災に悩むことなく流石は国のは真秀ろば 恵まれた土地と云って差し支えがない。加えてすでにご承知のとおり神々にはそれぞれ職務分担があり おだやかに長く遠くまで風が吹くことを願う風神が先の表以外いくつかあって製錬をには 業とする土地には ふいご の役目を司る金山彦 金山媛を祀る神がいる。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。