うのんのブログ

奈良西の京薬師寺近くの小さな本のある喫茶店

薬師寺近くから 大和の気象歳時記№21 雨乞

雨乞の種々相
丹生神社の内より 丹生川上神社 中社の場合
 同社略記によれば祭神はみつは(みつ象)女神(のめかみ)「みつ象女神」は伊那奈伎 伊那奈美 の神の子神で天照大神とは御姉妹とあり 水に関する一切の神徳をうけられとあります。由緒には天武天皇白鳳4年(676年)「人ノ声ノ聞エザル深山吉野丹生川上二我が宮柱ヲ建テテ敬祀りセバ 天下ノタメ二甘雨ヲ降ラシ霖雨ヲ止メン」との神教によって齊祀せられた とありこの年から五穀の豊穣を祈願する祈念祭が行なわれました。
書記にはこの年 是夏大旱 遣使四方棒弊旱祈諸神秖 亦請諸僧尼祈干三宝 然不雨 由是五穀不登 百姓飢之 とあって旱魃飢餓の記録があります。


※「みつはのめかみ」はパソコンで漢字が出ませんが スマホでは出てくるのでそちらでご参考にしてください。 


Wikipediaから

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。