うのんのブログ

奈良西の京薬師寺近くの小さな本のある喫茶店

薬師寺近くから 大和の気象歳事記No.293 雨乞

太鼓踊り
大きな太鼓を背に背負い 作り物を背負い 風流歌に合わせて 踊ることが西日本では多く見られた。これを 太鼓踊り カンコ踊り ザンザカ踊り等といわれていた。九州地方では楽 楽打などの名前で呼ばれている。この太鼓踊りを雨乞の名前はなくとも旱魃になると この踊りで雨を祈願する土地は多い。
岐阜県では徳川時代から奥宮観音や 大和の柳生のガトウ踊りも雨乞の為の太鼓踊りといわれている。 太鼓踊りは 雨乞を祈って願かない そのお礼に踊った例も多くある。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。