うのんのブログ

奈良西の京薬師寺近くの小さな本のある喫茶店

薬師寺近くから 大和の気象歳事記No.248 雨乞

雨乞と芸能

雨乞面は それを取り出す 水に漬ける 被って舞うなどにより雨乞に効果を出すものである。しかしなぜそれがその様に考えられるかは その面が神秘性を帯びた宝物とされたことと考えられる。日本の古来から神芸能においては 仮面を被った芸能が多く見られる。そのため 面も神秘性を帯び人々の間で宝物となっていった考えられる。
また 雨乞では秘宝の鐘 宝珠 地蔵 ご本尊などを水に漬ける 掛ける などの行事は多くある。面に水を掛けるのもこの様な風習から影響されていると考えられる
水を掛ける ことは 雨乞に限らずあり 水掛地蔵 などといって願を掛けることもたたある。雨乞においては 面に水を掛けて舞をしたことにあると考えられる。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。