うのんのブログ

奈良西の京薬師寺近くの小さな本のある喫茶店

薬師寺近くから 大和の気象歳事記No.247 雨乞

雨乞面 近畿以西
近畿以西には雨乞面の例は極めて少ない
 島根県の武明八幡宮の神宝の面はこれを出すと雨が降るというが この面は昔 城主の小笠原氏の先祖が これを被って能を舞ってたところ雨が降ったという伝えがあるので その由緒によるものかという。
 岡山県では 弓削村に洗顔清水という泉があり 旱魃にも溺れることなく 宝物の鬼の面を借りてきてこの水で洗って雨乞をした。
 山口県では 山口市の神事能に竜神に奉りしという面あり この面を出すときは必ず雨降るといわれている。
 福岡県 宗像群宗像宮に海中より亀の背に乗って出てきた翁面がある それは雨乞を出すと 必ず雨が降るといわれている。


×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。