うのんのブログ

奈良西の京薬師寺近くの小さな本のある喫茶店

薬師寺近くから 大和の気象歳時記№178 地蔵様

地蔵様

伏見の丘を東に 三条大橋五丁目の地蔵堂はやや西に移りました。
鎌倉中期の地蔵石仏が安置されています。この地蔵は俗に縁切地蔵
と呼ばれ 安山岩製 像高は170㎝左手に宝珠右手は与願印を結び古式の印相である。光背に彫られた銘文から文永二年(1265年)に造られたことが知れる。衣紋のひだの流麗な表現などは鎌倉時代の特徴をよく表現している。古い時代のお地蔵様は錫杖をもたないものが多い。錫杖を持つようになったのは儀軌が決められ儀軌の内容が理解されゆきわたってからの後の様です。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。