うのんのブログ

奈良西の京薬師寺近くの小さな本のある喫茶店

薬師寺近くから 大和の気象歳時記

昨日のブログ約2万年前から 全体的に地球の気温が上昇を続け海面もまた上がりつづけました。

この結果 最初にまず津軽海峡が切れて 1万8千年前後 すぐ続いて朝鮮海峡(対馬西水道)が切れ 次に対馬海峡(対馬東水道)が切れ 1万6千年前後 これで 黒潮の分流は対馬海流となり日本海に流れこみ 地球の自転の転向力で右にそれ 本州の日本海岸沿いに北上することになりました。このため山陰 北陸の気温は大いに温和化されましたが その代わり 日本海の水温差は急に大きくなり 冬の北陸では大雪が始まりました。やがて1万3千年前を過ぎた頃 黄海 東シナ海大平原が南東部から 北西に向かって徐々に水没し始め 海面が開き 黄河と揚子江が後退し朝鮮半島が南の方から半島化してきました。
次に瀬戸内海が海没し はるか南では台湾海峡が切れ台湾が島になりました。1万2千年前頃 さらに 1万1千年前はほぼ今日の姿になり平均気温はまだ現在より2度ぐらい低かったが 四季の気象の移り変わりもまた今日と同様になってきました。ただし関門海峡が切れて 瀬戸内海の潮流が今日の姿になり 間宮海峡が切れてリマン海流が南下し 日本海の水温分布がさらに 今日の状態に近づくのは もう少し後で 8千年前ぐらいと考えればいいでしょう。およそ7千年前から続いたウルム氷期はこれで終わり 後氷期(おそらく(間氷期)の時代に入ります。この国土はすでにして日本であり この国土の人々はもう日本人です。かつて大陸から 渡ってきた人々はその大陸から切り離され自分みずから歴史を歩み始めました。それは縄文時代の始まりです。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。