うのんのブログ

奈良西の京薬師寺近くの小さな本のある喫茶店

薬師寺近くから 天平

鳳凰文鬼瓦
平城宮跡から出土したものから 復元されたものです。
顔は左に 身は正面に翼を大きく広げたものです。
このような鳳凰のものは 正倉院にも多くあります。
天平時代の鳳凰文を表す一つです。
手塚治虫の「火の鳥」の鳥は 鳳凰 その生血は永遠の命を得ることが出来るものを奪い合う話です。 
相通じるものが存在しているのでしょうか

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。