うのんのブログ

奈良西の京薬師寺近くの小さな本のある喫茶店

薬師寺近くから 大和の気象歳時記

気候変動
はじめに 平成6年4月28日付け毎日新聞に 気象庁「以上気象レポート」と題し次の様な記事が載っていました。内容は温暖化傾向続くという見出しで1,990年の冬は平年を1.4℃上回りました。またこの100年間で地上気温が0.5℃上昇 この様な状態は続き2,025年には平均気温は現在より1℃上昇する とありました。です。
 このことを奈良といゆ地点に当てはめてみると 現在奈良の年平均気温は14.4℃これに1℃を加えると15.4℃となります。近畿地方で現在15.4℃に近い所を探すと 神戸 尾鷲 は15.6℃ 京都が15.3℃で 1℃の重みは多方面にわたって影響が考えられます。寒冷地でわりに有名な 針(はり)の平均気温は11.3℃となっていますが これが12.3℃となると稲の植付け時期や茶樹の生産もずい分変わってくることが想像されます。
数字のデーターは古ものです 最新ではありません

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。