うのんのブログ

奈良西の京薬師寺近くの小さな本のある喫茶店

薬師寺近くから 東大寺

聖武天皇が即位され 大仏様の建立の構想が出てきた時代は 中央政界の支配は北海道を除くほぼ現在に近い状態でした。その為 国は豊かになって来ましたが 疫病 自然災害 内乱などで 経済的には 疲弊していました。
そこへ 今までにない 大きさの大仏様 盧舎那仏を建立を発願されるのは 大きな決意があったからでしょう。
その工事は3年掛かりで 8度の鋳継ぎでほぼ大仏様がほぼ完成しました。
大仏様に250トン 蓮華座に130トンの銅を使用 和同開珎以降 国に蓄積されていた銅を殆ど使いきりました。
さらに 塗金の入手が困難でしたが 陸奥国小田群に金の産出の報告がり 聖武天皇 光明皇后は 大仏様のお加護であると お礼の為にお参りされました。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。