うのんのブログ

奈良西の京薬師寺近くの小さな本のある喫茶店

薬師寺近くから 十輪院

十輪院は元興寺の一院として建てられました。
この十院を建てたと言われる吉備真備は遣唐使として唐に渡りその地の女性との間に
子供が出来ました。吉備真備は迎えに そこで 女性は子供を父親の元に届けたく 神仏にお願いし 海に流そうとすると 大きな魚がやって来て その子供を無事に日本まで届けました。魚に助けられたので 「魚養」と名付けられました。魚養は書と医学に秀でてました。弘法大師の書の師の一人と言われています。
魚養塚は少々解りにくい場所にあります。


十輪院の本尊は珍しい石仏像です。昔撮った写真を使ってますので見にくく申し訳ございません。




×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。