うのんのブログ

奈良西の京薬師寺近くの小さな本のある喫茶店

薬師寺近くから 元興寺

元興寺の前身である飛鳥寺とも本元興寺とも法興寺とも呼ばれていますが 日本で初めて本格的な寺院です。
仏教が初めて日本に入ってきたのは 欽明天皇の時代538年です。百済から金銅の釈迦仏像と幡(ばん)と蓋 それと経典が献上されました。
仏像や経典を目にするのが初めての天皇は この教えを受けるべきかどうかを 文武100官を呼び尋ねました。その中で蘇我大臣稲目は 他の西にある国ではこの教えを礼拝しています。我が国だけが拒絶することは出来ない との考えを述べ他の文武官もこの考えに賛成するものや 反対する者で論争が起きました。
そこで 天皇は古来の神の祭司を司る人達にとって 釈迦の教えは外国の神と考えられたのでしょう。そこで個人的に信仰することを許されました。


元興寺は廃寺となっていましたが 研究者 地元の人々の努力で今は立派なお寺です。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。