うのんのブログ

奈良西の京薬師寺近くの小さな本のある喫茶店

薬師寺近くの本のある喫茶店 うのん 雷 no2

昨日に続き雷の話です
雷が落ちない寺
昔奥田の善教寺の井戸に雷が落ちました そばで水を飲んでいた村人が 井戸に蓋を閉めて雷を閉込めました 雷はこまり果てて 「もう2度とここへは落ちないから蓋を開けてくれ」と頼んだので蓋をとりました。雷はここへは落ちない約束をして天に昇ったそうです。そこで このお寺の山号を 興井山(おちい山)と名付けたと言われます。
同様の話はあちらこちらで聞かれます
天理の昔話から
数多くある天の神様のうち 酒好きの雷神はお酒に酔うと赤い褌一つで太鼓を叩き踊っていました そこで 八百万の神様から 地上へ降り人間のヘソを取ってくることを命ぜられました。その雷は落ちそこない  悪魔除けの縄に引っかかりました。助けを求めた雷は 通り掛かったその土地の殿様に助けてもらい ここへは二度目と落ちないと約束したそうです。その場所は 天理市菅原町で その縄は毎年掛け替えられるそうです。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。