うのんのブログ

奈良西の京薬師寺近くの小さな本のある喫茶店

薬師寺から唐招提寺にそして大安寺

から高僧を招くことを聖武天皇から勅使を受けた僧は大安寺の栄叡師と 興福寺の善照師でした
そのうち一人栄叡師は旅の途中に亡くなりました。
その大安寺はその昔 黄金の塔 東塔 西塔があり今の大阪 堺まできらびやかな輝きが見えたそうです。
 大安寺の創基は聖徳太子が 今の平群に道場を欽明天皇が百済大寺をそして天武天皇が高市群の飛鳥に再興され 高市大寺となり大官大寺と号しました。そして平城京遷都に従い今の地に移りました。
東大寺が出来るまで、官寺の筆頭の寺でした。 


×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。