うのんのブログ

奈良西の京薬師寺近くの小さな本のある喫茶店

薬師寺近くから 大和の気象歳事記№230 雨乞


水を掻き混ぜる雨乞
水を掻き混ぜ大騒ぎを行ない 聖地を騒がしくし神を怒らせ雨をすらす考えは 研究者個人の考え方により所が大きい。
この種の雨乞は 本来神を怒らすという点にはなかった。水を搔き回すという動作は祈願に際して一つの儀礼 作法であった。
普段は厳重な禁忌の伴う神聖な水に手を掛けるので そこには強い畏敬の念があり それが 神を怒らせるという解釈になったであろう と考えられる。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。