うのんのブログ

奈良西の京薬師寺近くの小さな本のある喫茶店

薬師寺近くから 大和の気象歳事記№215 雨乞

雲アブリ ・´テンヌキ ①
 雨乞の火焚きをさす言葉として 大和を中心として分布しているのにクモアブリとかクモヤブリなどという一群の語がある。「南大和方言集」には雨乞に山の上で火を焚くことをクモアブリというとある。これは多分「雲炙り」であろうが これよりもクモアブリと呼ぶ土地の方が多い 奈良県山辺郡福住 宇陀市大宇陀町においても この語が使われている 
福住では「雨タンモレ タンモレ カラスノ頭ガ白ナッタ」と唱えたとある。滋賀県今津町酒波では箱根山に火を焚いて雨を乞うのをクモヤブリをすると云った

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。