うのんのブログ

奈良西の京薬師寺近くの小さな本のある喫茶店

薬師寺近くから 大和の気象歳時記№154 三枝祭

6月17日のゆり祭

「梅雨どきの6月だが17日は不思議と雨にならない」長田光男先生の「奈良点描」〈3〉には以上の様な書き出しで「ゆり祭」が語り始められている。81年間奈良の天気を眺め直した。祭り当日の17日を中心に見ると成程16日は雨の%が突出している。が翌17日は雨気の%は38% 雨気のないのが62%で 梅雨どきとしてはマア雨気の少ない恵まれたお天気の方でしょう。
ゆり祭については明日にします。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。