うのんのブログ

奈良西の京薬師寺近くの小さな本のある喫茶店

薬師寺近くから 大和の気象歳時記№108

県下が氷漬となった日 (昭和56年《1981年》2月26日)
 昭和56年の冬は寒い日の多い寒冬年であった。中でも2月26日は県下全域終日気温が0度以上にならなかった。このため奈良の市内地でも戸外に放置の観葉植物の多くが枯死状態となる等思わぬ被害が発生した。
 奈良の最高気温は-0.2度 県内アメダス観測所が測った当日の最高気温は下図の通りであった。

 明治30年現在の橿原市に誕生した八木測候所の記録をみても 昭和28年測候所が奈良に移転した後も最高気温が氷点下と云う記録はなく 極めて珍しい現象で今もってこの記録は更新されて

いない。
 当日の日記をみると「東京は連続雪降 日本海上空-48度北陸の雪はさらに20~30㎝種子島でも4年ぶりの雪輪島上空-45.1度これも4年ぶり 市内水道凍結 水道破管破裂続出 道路凍結による交通規則 農作物に被害」と歓迎されない記事で埋まっていた。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。