うのんのブログ

奈良西の京薬師寺近くの小さな本のある喫茶店

薬師寺近くから 大和の気象歳時記No.82 雨乞の種々相

一方皇極天皇が雨乞に跪き四方を拝んだ場所とされ 当社の雨乞願成就のなもで踊り図絵馬が明日香民俗資料館にあります。
 昭和62年明日香村文化祭に「南無天踊り」復活のお披露めがあり明日香南無天踊りを拝見していると その意味するところは 美事に稔った稲穂に神の加護(天水)に感謝すると共に翌年も引き続き恵みの雨を祈念することで てんてんつくつ 天つくつ てして天なも天で 天つく天つく‥‥と 歌われて 踊りの所作は神の恩恵に感謝すると共に恵みへの祈念が表現されていました。

飛鳥川上坐宇須多男渕の伎比売命神社を夾んで栢森にカンジョウナワがかかっています。女綱です。稲渕にかかっているのは男綱で カンジョウナワの中央に吊られているものは女渕 男渕の男女の竜神二神のシンボルであるという。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。