うのんのブログ

奈良西の京薬師寺近くの小さな本のある喫茶店

薬師寺近くから 春日若宮おん祭

お渡り式
第一番
「日使」祭りの願主関白忠通公は 第一回目の祭礼の時、俄の病で供の楽人を使として神前へ遣じました。これが日の使の起源と伝えられ、以後連綿と代参ばかりです。先頭はかつて興福寺より戸上 柏手の両公人が梅白杖(うめのずわえ)・祝御弊を奉じて先頭に立ち東遊を舞う十列児(とうれつちご)や陪従(べいじゅう)がつき従います。

古い写真からで 申し訳ございません 


×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。