うのんのブログ

奈良西の京薬師寺近くの小さな本のある喫茶店

薬師寺近くから 天平

奈良時代は仏教のみならず 儒教も入ってきました。吉備真備は二度唐に渡り孔子像をもたらしています。この時代の贅を尽くした調度品の多くは正倉院に保管され貴族や宮廷の様子をうかがい知ることができます。その中でも 麻の布に描かれた山水画の使用目的はわからないが その技法は唐の初期の山水画の影響を大いに受けています。
また国家の形ができあがってきてそれを 「古事記」としてまとめています。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。