うのんのブログ

奈良西の京薬師寺近くの小さな本のある喫茶店

薬師寺近くから 新薬師寺


薬師寺と言えば 奈良西ノ京にある「薬師寺」はよく知られています。この薬師寺は平城京遷都に伴って 今の橿原市から 西ノ京に移りました。天武天皇の病が治るのと祈って皇后 後の持統天皇が建てられました。橿原の薬師寺は 元薬師寺 と言われてます。
新薬師寺は聖武天皇の病気回復を祈って光明皇后によって天平19年(747年)創建されました。
創建当時は七堂伽藍の完備寺であったそうですが 宝亀11年(780年)の火災にあいその後再建されず 僅かに本堂(昔の食堂)だけを残すのみとなりました。現在本堂に安置されている薬師如来坐像も天平時代のものではなく貞観のころの作と言われています。
そのまわりの十二神將(奈良時代十一体国宝)も寺伝によると岩渕寺から移したと伝えられていあます。現在町名として本薬師寺町を残していますが金堂のあったところです。
この辺りは芸術家の方が多くいらしゃるそうです。志賀直哉が住んでいた家も近くにあり
奈良の写真を撮り続けた 入江泰吉さんの記念写真館は隣にあります。


私の奈良のお気に入りの場所です
写真は古くて申し訳ございません

境内のお地蔵様

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。