うのんのブログ

奈良西の京薬師寺近くの小さな本のある喫茶店

奈良西の京薬師寺近くの本のある喫茶店 うのん 雷№4

こんにちは 今朝早い時間 睡眠中でしたが あまりにも雷の音が凄いので目が覚めました。 自宅近くの雷の音 ゴロゴロではなく ビルの様なモノが崩れる様な感じでした

奈良市の 秋篠寺は 雷が落ちない寺として知られています。
千年余り昔は 秋篠の地にはよく雷が落ちました。そこで 大元法の開祖常焼津師が一案を立て待っていると大雷鳴の後一雷獣が境内をさまよっているのを発見 捕らえて戒めため そのヘソを取り 地中に埋め石をのせ封じ込んだそうです。
その石を 「かみなり石」今も存在しています。雷はこれに懲り二度と秋篠寺には二度と落ちないと信じられていました。
 大正初めのころまでは 田畑で働く農夫達は雷が鳴り出すと一目散に秋篠寺の本堂の軒の下にかけ集まり まるで電線に休む雀の如く並び空を見上げていたそうです。
雷が鳴り出すとヘソを隠せと言われるのは ヘソ を取られて雷が 誰彼なしヘソを取り返そうをするからと言われています。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。