うのんのブログ

奈良西の京薬師寺近くの小さな本のある喫茶店

薬師寺近くから 大和の気象歳時記 №298神無月

二十四節気
我が国は南北に長い。季節変化が明瞭に表われる国である。春夏秋冬の四季に加え梅雨期と秋霖期を挿入される。二十四節気は純然たる暦学上のもので 移りゆく四季を二十四の節気に分け立春に始まり大寒まで四季のよすがを語るものとして暦に載っている。
二十四節気の説明として代表的ともいえる天明八年(1788)の暦便覧より
立春 春の気立つをもってなり
雨水 陽気地上に発して雪氷とけて雨水となればなり
啓蟄 陽気地中にうごきちぢまる虫穴をひらき出ればなり
春分 日天の中を行て昼夜等分の時なり
清明 万物発して清浄明潔なれば此の芽は何の草としれる他
穀雨 春雨降りて百穀を生化すればなり
立夏 夏の立つがゆえなり
小満 万物盈満すれば草木枝葉茂る
芒種 芒のある穀類 稼種する時なればなり
夏至 陽塾至極しまた 日の長きのいたりなるを以てなり
小暑 大暑来たる前なればなり
大暑 暑気いたりつまりたるゆへなればなり
立秋 初めて秋の気立つゆへなればなり
処暑 陽気とどまりて初めてし退きやまんとすればなり
白露 陰気ようやく重なりて初めて退きやまんとすればなり
秋分 陰気の中分なればなり
寒露 陰気の気に合って露むすび凝らんとすればなり
霜降 つゆが陰気に結ばれて霜となりて降るゆへなり
立冬 冬の気立ち初めて いよいよ冷ゆればなり
小雪 冷ゆる故に雨も雪となりてくだるが故なり
大雪 雪いよいよ降り重ねる折からなればなり
冬至 日南の限りを行て 日の短きの至りなればなり
小寒 冬至より 一陽起るが故に陰気に逆らう 益々冷え也
大寒 冷えることの至りて甚だしきときなれば


薬師寺近くから 大和の気象歳事記No.297 神無月

早い年には9月後半から10月初旬になると 毎年決まった様にシンビジュムの花が一斉に咲き出す。咲き出すと言うよりも匂い出すと云う方が正しいかも 道で芳香を愉しむのは この頃でしょうか シンビジュムの花が咲き出すと苺農家では冷涼な山中に仮植してあった苺苗を里へ移植し定植が始まる。苺苗の植え替えはシンビジュムの花の香りが目安になっているとの事 この時期を失うと花芽分花がうまくいかない。との話であった。

今年初めて種から育てた 琉球雀瓜 花が咲き 可愛い実が出来てます まだ色付くまではじかんがありそうです

薬師寺近くから 大和の気象歳事記No.296 神無月

十月の気候
 旧奈良市内という言葉が今はあまり耳にすることがなくなりました 〒番号が630の所と聞いてます。 その奈良は冬の朝の冷え込みは京都より寒く 大阪などから引っ越して来た人々は咆驚する人も多い。また夏には熱帯夜のように熱く寒暖の差が大きい。
 奈良は京阪神 大阪 京都 神戸 と比べ 雨量は大きく差がないが 平均気温と最低気温との差が大きく特に神戸とは 平均気温は2℃ 最低気温は3℃の開きがあり 奈良は冷涼というが 朝晩は冷たい内陸性の気候であることがよくわかる。
また地形により差が大きく 標高差 地形により県内でも差がある