うのんのブログ

奈良西の京薬師寺近くの小さな本のある喫茶店

薬師寺近くから 大和の気象歳事記No.302 神無月

正倉院宝物
 宝物は今日までほぼ完全な形で保存されてきた理由の一つに厳重な勅封の制が大きい。次に校倉造りの宝倉という特徴がある。昭和55年3月に刊行された正倉院年報第三号「正倉委9ンの三十年」」サブタイトル=近年の宝物保存関係の事業について=と題して私達が取り組んできた校倉造り宝庫の気象状態調査結果の概略も載っている。昭和24年から始まった調査は宝庫内は爆中、宝庫外は年を通じて行った。中でも昭和30年から翌年にかけて宝庫中での一年間の完全記録に成功し記録紙の分析結果から、従来推測されていた校倉造りの防湿性に加え 現在まで無キズに近い形で保管されていた最も大きな理由は宝物を収納してある杉板製容器「唐櫃」の作用で唐櫃内は庫内の湿度変化より更に小さく 湿度の急変から宝物を護るうえで この唐櫃のような容器を用いることの有効さがあらためて判明した。
 国家珍宝保存の秘けつは 校倉造りの建物に加え唐櫃に守られ毎日行われる曝涼によって 冷たく乾いた自然の大気に触れることによって千数百年の輝きを今も目にすることが出来るのです。

薬師寺近くから 大和の気象歳事記No.301 神無月

正倉院の気象  曝涼に学

昭和52年春書店の福住さんの肝いりで「入門奈良学講座」が始まった。
その年の秋 正倉院事務所調査室長 関根氏は同講座で「正倉院宝物の伝来」と題して講演があった。講演の要旨は 正倉院と宝物 の概要説明があって どうも正倉院の基本的なことが案外わかってないのではないかと思われる。と前置きして 正倉院の宝物は申すまでもなく 聖武天皇が生前身の回りにおかれていた品々を天皇崩御のあと皇后であった光明皇太后が一括して東大寺盧舎那仏に献納されたもので東大寺の正倉に収められた。(当時大寺院にはそれぞれ正倉があった。)これが正倉院宝物の基本的なものである。その他皇太后献納物以外に多数の奈良朝の遺品が伝来しているが 各種の品々と共にその目録が一緒に添えて納められていて これが正倉院宝物の大きな特徴である。品物だけでなく 品物と献物帳が一緒というところに歴史的 学術的価値が高い。献物帳には皇太后の切々とした哀悼の願文と共に各種の宝物が列記され「国宝の珍宝」と書かれていることから 別に「国家珍宝帳」と呼ばれている。



薬師寺近くから 大和の気象歳事記No.301 神無月

紅葉前線は山から降りてくる

奈良県下は平地部 山間部と所変われば 気候も随分違う。更に山岳部では更に違ってくる。
10月の初め 奈良市内では15℃で出発し月末には 9℃ 曽爾高原では月始め12℃を割り 月末のには6℃ みたらい渓谷に近い天川村洞川では10℃近くから5℃を下回る。大台ヶ原では月始め9℃から8℃と既に10℃を割り冷たく月末には3℃位いにまで下がり霜が降りても不思議でない。日量5㎜以上の雨が降る毎に気温は1℃位の割で下がってゆく。このころになると逝く秋を惜しむかの様に駅構内や夕刊三面に紅葉の便りが載ってくる。
深まりゆく秋に気温や地温も低くなると 葉柄の付け根のところに離層という一種のコルク層が出来 このために葉の炭素同化作用で出来た デンプンや砂糖のような炭水化物が葉から茎の方へ転流しにくくなり葉の中の炭水化物が増加し細胞液に溶けて紅色の色素が増えて葉の色が赤く変わる。紅葉の第一条件は気温がさがるということで 朝方の最低気温が8~9℃以下に下がる日が何日かあるようになると紅葉が始まる。年によって鮮やかなとしてそうでもない年がある。穏やかな移動性気圧におおわれ晴れた日が多く気温の順調な低下の年は「もみじ」の発色もよく美しい。引き替え急激な気温の低下に見舞われ段差の激しい年はお世辞にも綺麗とは言えない。大台ヶ原で始まった紅葉は御手洗渓谷へ 室生談山神社は更におくれ 正暦寺は月末頃からが見頃になる。(年によって違う)