うのんのブログ

奈良西の京薬師寺近くの小さな本のある喫茶店

薬師寺近くから 大和の気象歳事記No.312 霜月

気象から見た11月
晩秋初冬の季節になり ジャケットや上着がが必要な季節にです。
日溜まりのぬくもりが欲しく 小春日和に恵まれることに安堵を覚える様になってきました。それもそのはずで 日中とはいえ太陽の高度は低く 射す陽は(畳の目一つづつ)部屋の奥へ延びて参ります。紅葉前線(紅葉前線)は今日はどの辺りまで錦の秋を織りなしているのでしょうか?
「文化の日」は統計上髙確率で良い天気が多い。その前後の日に較べて特定の天気の現れ易い現象を「特異日」と呼んでいる。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。