うのんのブログ

奈良西の京薬師寺近くの小さな本のある喫茶店

薬師寺近くから 大和の気象歳時記

水田について 「延喜式」の大抜詞では 畔放 溝埋 樋放 を天津罪の筆頭にあげています。 水田破壊は 社会犯罪の最たるものとされたわけで 高天原説話においても スサノオノミコトはこれを犯したために 手足の爪を抜かれた上で 国外追放となっています。
稲作と梅雨
イネはもともと熱帯産の水草であるから 多量の水と高温を必要とします。 特に育ち始めの枝分れの時期には多量の水が必要です。この時期に水が不足すると 枝分れが少ないまま育ち出穂しても収量は非常に少なくなります。
 水田いっぱいに張られた水の中で 十分に枝分かれすると あとは田が乾き上がらない程度に湿ってさえいれば 次に必要なものは強烈な日照と高温です。
これですくすくと伸び 開花期に大風で花粉が失われることさえなければ 秋には重く穂が垂れます。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。